離婚をして子供の親権を獲得出来たが、養育費の金額で協議が長引いている

 

そんな話を相談をされる依頼人からお聞きします。
子供の養育費で問題となっているのが、お金を毎月きちんと支払ってくれるのか?あともう
一つが、 いったいいつまで、そして毎月いくらの金額を養育費としてもらえるのか?です。

 

 

養育費の金額と支払いの期間ですが、一般的に子供が成人するまでの間、月額2万円~4万円程度が相場となっています。

近年では子供が大学へ進学する事が多いので、養育費の総額は多くなり期間は長くなる傾向にあります。
養育費のことで協議をするなら、一般的な養育費の相場を知り、支払いを終える時期や条件について話し合いをするといいでしょう
養育費の相場は、支払う親の年収や結婚年数、子供の人数などによって金額が変わってきます。
また、家のローンの支払いをしているなど、支払う側の経済状況によっては相場よりも低い支払額になることもあります。

 

養育費が支払われないケースとは?

 

しかし、この養育費は子供が成人するまで払う必要が無い場合があります。
例えば子供の親権を持った元妻が再婚した場合には、経済的な負担が減ったとみなされ、
支払い金額を減らす、または養育費が無くなるといった事もあります。
一方で、養育費を払わない人もおり、その場合、裁判所が支払う側の預金を差し押さえるなど、厳しい処分が言い渡されることがあります。
なので必ず離婚前に公正証書を作成しましょう。
どんなに必ず支払う約束をしても、数ヶ月で支払われなくなったり、相手が再婚したりすると支払いがストップしたりします。

そのためにも公正証書があれば裁判を起こす事が出来ます。

そして、養育費以外で子供の養育に必要なお金を捻出する方法として、児童手当や母子手当
など、行政で母子家庭の支援を行っています。
手当を受給するために必要な手続きを事前に調べておきましょう。