恋人、彼氏、彼女の浮気で慰謝料を請求できるのか?

 

 

浮気調査と聞けば夫婦間の問題だと思う人が多数ですが、最近では結婚前の彼氏・彼女の浮気調査依頼が非常に増加傾向にあります。

 

主に相談者は長年恋人関係にあるカップルや長期にわたり共同生活をされている方々です。

 

なぜそういった浮気調査依頼が増えてきたかというと、近年の晩婚化に伴い結婚への意識が慎重な人が多く、すぐに結婚せず長い期間同棲を経てから結婚するカップルや事実婚が増えているからだと思われます。

 

 

結婚する期間が長くなればなるほど、その分浮気をする機会も増えますし、結婚していないため浮気が発覚しても法的なリスクがなく、安全だと思っている人は多いです。

 

しかしそれは間違いで、結婚や正式な婚約をしていない場合でも同棲期間が長い場合は実質的な婚約期間(内縁)とみなされ、不法行為になり慰謝料を請求することが可能です。

 

ですので同棲期間が長い方で交際相手に不安を抱いたら、探偵社を利用して浮気調査をする価値は十分にあります。

 

仮に浮気が発覚しなくても、人生のパートナーは本当にこの人で良いのか確認でき、将来への不安も解消できるので、心配であれば探偵社にご相談をしてみてはいかがでしょうか?

 

婚約関係における浮気

 

結婚を目の前にして「他の異性と付き合ってみたい」という傾向心理の方も多いです。

 

そしてそれは、人にも伝染します。

 

あの人もやってるから、きっと自分も大丈夫!と軽く思ってしまうのです。

 

この婚約前の浮気調査の依頼もよくあります。

 

婚約中に不貞行為が発覚した場合、婚約相手に不法行為責任が生じる事があり、また不貞行為の相手も法的地位を侵害したとして、不法行為責任(民法709条)を問う事が出来ます。

 

つまり、婚約者の一方の不貞行為が発覚した場合、証拠の立証が可能ならば婚約者・浮気相手への慰謝料の請求が可能ということになります。

 

※実際に婚約関係にあったかの証明(結納や婚約指輪の交換等)が必要となります。

 

大切な事は、事実を立証できるかどうかです。

法律上、正当な理由もなく婚約を破棄した場合、損害賠償を負う事がありますので注意が必要です。

 

 

婚約破棄の正当な理由とは

①当事者同士の合意。

②不貞行為の発覚。立証

③相手が重大な嘘をついていた場合

 

結婚式までわずかなのに、婚約者と会えない、態度が冷たい等、いつもと違う対応・行動が目立つようになったら浮気調査が必要と言って良いです。

 

不安に押しつぶされる前に、まずはご相談下さい。