浮気調査は、尾行、張り込みなどが基本になります。

 

単純にターゲットを追いかけるなら自分でもできるのでは?と思われるかもしれませんが、尾行や張り込みには高い専門スキルが必要になってきます。

 

また、素人感覚ではすぐにターゲットにばれてしまい、状況が悪化する場合がほとんどです。

 

探偵は調査のプロですので、欲しい証拠や浮気相手の情報などを得るためのスキルに長けています。

 

 

 

ここでは、探偵に依頼する場合のメリットを4つご紹介します。

 

1、調査をしていることや内容が他人にばれない

 

探偵は調査のプロですので、ターゲットに悟られないように調査をするのはもちろん、張り込みを行うときにも周りに「何を調査しているのか」をばれないように行動することが可能です。

 

たとえば、奥さんが自分の旦那さんを調査しようと思って、出かけた旦那さんを尾行していたら近所の人は不審がります。

 

探偵も張り込みの際は、対象者以上に周囲に気を使いますが、探偵はターゲットとは赤の他人ですから、そのあたりは気にしなくていいわけです

 

2、長距離、長時間の追跡や調査が可能

 

長時間の調査だと料金がかさみますが、仕事や育児で忙しい人は、自分で調査しようにも時間をとることが難しい場合が多いと思いと思われます。

 

そういう場合、探偵に頼めば仕事や育児をしている間に調査を行ってくれるため、時間的に余裕ができます。

 

3、離婚や慰謝料請求に必要な証拠を得られる

 

特に浮気調査の場合、ターゲットは浮気していることを隠している場合がほとんどです。

 

これを素人が調査をするのは大変難しいですが、探偵は「どのような証拠が離婚や慰謝料請求に有利になるか」を知って調査をすることができます。

 

また、そのスキルにも長けています。

個人では証拠を押さえられる確率はとても低いですが、探偵に頼めば高くなります。

 

4、現場を直接見なくて済むため、精神的ダメージを軽減できる

 

もし仮に自分で調査を行って、タイミングよく浮気現場に遭遇してしまったら、「本当に浮気をされていたんだ」というショックを受けます。

 

ある程度覚悟をしていても、直接現場を見てしまうショックは思った以上に大きいものです。

 

探偵が結果を報告する場合は、結果報告書という「書類」を通して報告されます。

 

直接見てしまうよりは、いくらかショックが少なくてすみますし、そこから離婚や慰謝料請求をする際はすぐにサポートを受けることができます。

 

「浮気調査」を行えるのは探偵だけ

 

浮気は民事問題であるため、警察は介入することができないのです。

 

探偵業を行うには監督官庁への届出が必要なため、届出をしていない友人や知人に報酬を支払って尾行や張り込みを頼んだ場合、その友人や知人は探偵業法違反として罰せられる可能性があります。

 

最悪なのは友人・知人などの素人が調査を行い、対象者にバレて警戒させてしまう事です。

 

自分ではどうにもならないからと言って、友人・知人を頼るよりも、プロに頼んだ方が安全で確実であるのは間違いないです。

 

また、わたしたちは弁護士監督の下、法令順守で調査を行っておりますので、確実に浮気調査をしたい方は、調査のプロである探偵に依頼をしましょう。