探偵は危険な仕事なのでは?とよく聞かれますが、探偵業法という法律に則って適正な業務を行っています。

 

探偵はメディアの影響からか危険を伴う仕事というイメージがありますが、決して危険な仕事ではないのです。

 

どうしてかと言いますと、探偵業法という法律に犯罪にかかわるような仕事を引き受けてはいけないことがしっかりと定められているからです。

 

これは悪徳探偵から消費者を守るための法律ですが、同時に犯罪に巻き込まれないように調査を守る法律にもなっているのです。

 

探偵業法にはストーカー行為、DV行為、差別行為、暴力団関係者の調査など犯罪に関わるおそれのある調査を引き受けてはいけないと決められています。

 

 

それでも尾行中は気づかない間に犯罪行為をおかしてしまう可能性があるので探偵社は調査員の指導を徹底しなければいけないのです。

 

例えば対象者の尾行に必死になりすぎてマンションの敷地内に一緒に入ってしまうとその調査員は不法侵入罪となってしまいます。

 

このときに法律をちゃんと理解してマンションの外で尾行をやめておけば、法律違反ではないのです。

 

探偵の仕事の基本は調査していることが対象者や近隣住民バレないことです。

 

長時間無理な張り込みをすることで近隣住民に怪しまれて警察がくることもまれにありますが、これは引き際を間違えた為に起こった調査側の判断ミスによるものです。

 

きちんとした会社であれば、怪しまれているのにそれでも張り込みを続けろと指示をする探偵社はおそらくありません。

 

特に、茨城での張り込みの場合、近隣との繋がらりが多い場合あ見受けられます

 

たとえその日の調査を中断することになっても後日にまた調査をすれば証拠を掴めるチャンスがあるので無理に調査を続行する必要がないからです。

 

長年しっかりと下積みを行なった調査員であれば、現場で正しい判断をして安全に調査を行うことができるのです。

 

探偵は調査力を上げる事が安全に調査を行うための最善の方法なのです