不倫と浮気の違い

 

恋人、夫、妻がいるのに、他の異性と肉体関係を持つことを「浮気」といいますが、一般的には浮気の他に「不倫」という言葉もよく使われます。

 

ただ、同じ意味で使われることがある浮気と不倫ですが、言葉の意味を考えると厳密には完全に同じというわけではありません。

 

浮気というのは恋人以外の者と親密になったり、もしくは交際関係になることで、肉体関係があってもなくても浮気と言われたりします。

 

浮気は「浮ついた気持ち」の略とも言われているので、「恋人じゃない人を好きになった」「配偶者以外の人に心奪われた」など主に気持ち的なことが意味に込められていると言えるかもしれませんね。

 

 

浮気の定義と境界線

 

浮気の境界線はいつの世も恋人や夫婦たちにとって大きなテーマの一つであり、そもそも浮気の定義とは何か?が重要なポイントとなってきます。

 

一方、不倫はすでに結婚している人が当事者に含まれており、「配偶者を持つ者が、配偶者以外の者と肉体関係を持つこと」となります。

 

これを法的には「不貞行為」と言い、民法709条の不法行為に該当します。

 

浮気もそうですが、肉体関係があることが不倫の大きな要素であり、逆に肉体関係がない場合は浮気とは言ってもまず不倫とは言いません。

 

配偶者を持つ者が配偶者以外の者と肉体関係を持つ

 

自分が結婚しているのに、夫や妻以外の人物と肉体関係を持ってしまうケースです。

 

配偶者を持つ者と肉体関係を持つ

 

自分が独身でも交際相手に夫や妻がいるケースも不貞行為となります。

 

ちなみに相手が既婚者であることを知らず、そのことに過失がなかった場合は不貞行為は免れます。

 

配偶者を持つ者同士で肉体関係を持つ

 

お互いに配偶者を持つ者同士の肉体関係も当然不貞行為となります。

 

それぞれの家庭に影響が出るので最もトラブルの度合いが高くなる可能性があります。

 

上記3つのパターンのように、たとえ自身が独身であっても、結婚して夫(妻)のいる者と関係を持てば不倫関係(不貞行為)となります。