最近の盗撮器事情

 

インターネットの普及により、電波を発しない盗聴器、盗撮器が簡単に手に入る事により、発見は目視でカメラのレンズを探し出すことが多くなっています。

 

最近では、小型のものが増えてきている事により、よくあるのがモーションセンサー付きのカメラを相手の自宅に仕掛け、着替えなどを盗撮することが増加しています。

 

 

基本的に、無線型盗聴器を発見する際は、無線電波を出しているその周波数を探し出し、受信できれば、盗聴器があることがわかります。

 

現在の発見事情は、昔の手法とは、変わっており、発見する側も、昔ながらの機材で見れば一目瞭然で分かるという時代ではなくなっています

 

盗聴器は現代では誰でも使える時代になってしまった為に、プライバシー暴露してしまう盗聴器は日常的に潜んでいて、情報セキュリティはもちろん、個人で身を守る事が必要になってきています。

 

無線タイプの盗聴器は最も多く使用され、よく使われるのが、コンセントタイプや延長コード、ペン、置き時計、電卓などに仕掛ける方法で、設置場所での会話を電波で飛ばして相手に気付かれないように別の場所で受信機で盗聴する方法です。

 

また、コンセントタイプと、電池式に分かれ、コンセントはコンセントから外さない限り、半永久的に使えます。

 

電池式に関しては、電池がなくなれば、もちろん使えなくなります。

 

そのほか、アナログ電話の電話回線などに盗聴器を仕込む方法もあります。

 

通話中のみ電波を発信するなど、電波を利用した盗聴発見器での発見はかなり難しいです。

 

ですが、最近は、大事な話などは、携帯で話すことが多いのであまり見かけなくなりました。

 

盗聴自体は、特別な意味もなく、暇つぶしに盗聴しインターネットや、有料サイトに販売されており、リアルタイムで流されている場合もあるといわれています。

 

盗聴対策

 

盗聴器を発見して取り外したとしても、今後も安心とは限りません。

 

きちんとした盗聴防止対策をする必要があります。

 

見ただけでは盗聴器とはわかりませんし、目に見えない電波なので、盗聴されているかどうかもわかりません。

 

盗聴の手口や方法、設置場所などを知っていれば再発防止になります。

 

自宅盗聴防止対策

 

最近多いのがこの状況です。

ストーカーがどんどんエスカレートしていき、最終的にはチャンスをうかがい犯罪に走るケースが報告されています。

 

電話盗聴防止対策

 

ストーカーがもっとも好む盗聴パターンです。

 

携帯電話は現在ほぼ盗聴は不可能といわれています。

場所にさえ気を付ければ安心です。

 

一般加入電話(アナログ式電話)は簡単に盗聴が可能です。デジタル回線電話などに変更することをお勧めします。

 

会社盗聴防止対策

 

会社内での盗聴器は昔からとても多いといわれています。

 

某有名なオフィス街に行った際、5階建てのテナントビルで25社の事務所に対し7つの盗聴電波を拾いました。

 

かなりの数の盗聴器がはびこっていると思われます。

 

 

手遅れになる前に、事態がより深刻になってしまう前に、当社に思い切ってご相談ください。