探偵社で断られる依頼とは?

 

 

ドラマや映画に出てくる探偵は犯罪調査から殺人事件と実に様々な依頼を受けていますが、実際の探偵が行える仕事は限られたものです。

 

また、探偵社には法律や調査規定が設けられているため、調査をお断りしている場合もあります。

 

 

犯罪に加担する恐れのある調査

 

現在、ストーカーと知らずに依頼を受けて調査を行った結果、殺人事件に発展してしまった事件の影響もあり、業界内ではストーカーからの依頼を必ずお断りしています。

 

また、当然のごとく暴力団からの調査の依頼や、窃盗、詐欺などに関わる調査も全てお断りします。

 

 

差別調査

 

差別調査とは、本人の素行に関係なく、出身地や家系、宗教、もしくは人種などによって調査対象者が差別される調査の事です。

 

かつて部落問題が注目された際、その発端となった探偵社は、大手企業の依頼を受けて社員に部落出身者が居ないかどうかを調査したことが問題視されました。

 

それ以来、探偵業界では差別調査はタブーとされており、差別調査を行う探偵社は存在しません。

 

 

発覚の恐れがあまりに高い調査。

 

以前調査を行ったが、調査が発覚して失敗していたり、自ら調査を行った結果、警戒されてしまった対象者の調査を断る探偵社もあります。

 

依頼を断る理由には、この様な状況の場合に無理に調査を行っても結果を得られる可能性が低くい事と、調査の発覚率も極めて高いため、依頼者が支払う費用が無駄になってしまう事があるからです。

 

ただ、対象者の警戒心が解けたタイミングを狙って調査を行うことも可能ですので、発覚からしばらく経った頃であれば依頼を受けてくれる探偵社は多いと思います。

 

 

調査員に危険がともなう可能性が高い調査。

 

組織犯罪(暴力団)などに関わる調査は、調査を行う人間や依頼者が命の危険にさらされるため、基本的にどこの探偵社も依頼を断ります。

 

テレビや映画でこうした調査を行っている場面をみて依頼をしてくる人は未だに多いのですが、犯罪被害に合っている場合には、まずは警察に相談をしましょう。