インターネットが登場し、その利便性が人々に浸透していくにつれ、探偵業界も今ではインターネット調査なくしては調査が進まない時代になってきました。

 

そこで、今回は誰でも簡単に行えるインターネットの調査方法について一緒に学んで行こうと思います。

 

相手のブログを探そう

 

 

セルフ・インターネット調査の基本はブログを探し出すことにあります。

 

ブログを探し出す最大の理由は、個人ブログに含まれる個人情報はネット上でもっとも集めやすい情報だからです。

 

ブログの発見方法は状況によって異なりますが、基本的には調べたい相手の情報を検索エンジンに打ち込みながら根気よく探していきます。

 

ブログを発見したら、まずはブログ上に貴方以外の女性の存在をチラつかせるような文章が無いか調べましょう。

 

写真に女性からのプレゼントや、女性と行きそうなお店の写真が無いか。

 

また、撮った写真に別の女性の衣服や手が映っていないか確認しましょう。

 

 

自分とのデート以外にどこに出かけたのか調べましょう。

 

ブログ上のコメント欄などで、親密な関係にありそうな女性を探しましょう。

 

その相手が浮気相手である確証はありませんが、そこから相手のブログをチェックし、彼氏が居るのか?その相手は貴方の婚約者なのか調べてみると良いかもしれません。

 

その他にも、ブログから婚約者の意外な趣味や本音を探し出せるかもしれません。

 

一度ブログを発見したら、徹底的に調べることをお勧めします。

 

SNSを探し出す

 

ブログを調べてネット上に一切見つかなければ、次はSNSやTwitterを探し出しましょう。

 

ただ、この手のサイトは対象者の情報を入力してもインターネット上に出てくることは稀です。

 

そこで、検索方法にも工夫が必要になってきます。

 

詳しい方法はサイバー・ストーカー対策のため伏せさせて頂きますが、調べたい相手のプロフィールを直接入力するのではなく『関連キーワード』で調べた方が早いです。

 

また、検索エンジンに拾われていない可能性もあるので、各SNSのサイト内検索で地道に探してみてください。

こちらも根気が非常に要りますが、ここは根競べだと思って全ての可能性を探ってください。

 

また、Twitterは非常に本人の本音が漏れやすいサービスです。

 

140文字制限で文章を打つこのサービスは、より感覚的に文章を操れるように出来ており、頭で考えて出す言葉よりも、より感覚的で本音に近い言葉が飛び交います。

 

また、SNSはブログよりもユーザー同士の繋がりが深いので、婚約者に女性の影があれば、SNS上でもコミュニケーションを取っている可能性があるので、フォロワーや友達は細かくチェックしましょう。

 

インターネット調査の需要の高まりは年々上がってきていますが、その裏ではインターネットストーカーと言われる、嫌がらせ目的で個人情報を探し出そうとする人も増えてきています。

 

調査はあくまで自分の幸せのために行うものです。

 

犯罪目的で悪用しないようにしてください。