人の住所を調べる時には、一体どうすれば良いのか?

 

普通はありえないことでも、特殊な状況に陥れば、他人の住所を調べなくてはならないことがあります。

 

そこで、ここでは他人の住所を調べなくてはならない状況について詳しく説明させて頂きたいと思います。

 

 

 

 

裁判や調停を起こす場合

 

裁判では、原告(裁判を起こす側)が訴えを起こす時、訴える相手の住所や名前を知らなくては、訴えそのものを起こすことが出来ません。

 

例えば、浮気をしている旦那さんの浮気相手に慰謝料を請求しようと考えた時も、相手の住所や連絡先を知らなくては、請求そのものが出来ません。

 

しかし、多くの人は浮気相手に慰謝料を請求させまいと、浮気相手の住所や連絡先を隠します。

 

名前も電話番号もわからなければ、自分で探しだすか、調査のプロである探偵に依頼するしかないです。

 

聞き込みや張り込みなどを駆使しながら調査を行います。

 

 

親が危篤になっている

 

家族がバラバラになっている時、もしも親の病状が悪化して危篤状態になったら、急いで別れた兄弟を探して会わせてあげたいですよね。

 

調査のプロである探偵の最大の持ち味は、一般の人よりも遥かに早いスピードで対象者を見つけだすことが可能な所です。

 

プロの探偵であれば、過去の経験を生かして、対象者や状況にもっとも合っている調査方法を選ぶことが出来ます。

 

さらに、その方法も経験済みなので、迷いなく行動に移れます。

 

 

離婚した親を探すのは難しくないのか?

 

一般の人からは難しいでしょうが、離婚をした親を探すことは難しくありません。

 

離婚した人間は自ら望んで姿を消したわけではありません。

 

現在でも、必ずどこかで生活基盤を築き、当たり前の生活をしています。

 

また、自分の行き先を周囲の人間に隠すこともないので、聞き込みを続けていけば必ずどこかで相手について知ることが出来ます。

 

トラブルを解決するのも探偵の仕事の一つです。

 

もし誰かを探さなければならないなら、プロである探偵に相談して下さい。