シングルファザーと結婚することには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

メリットをご紹介いたします。

 

頼れる

 

 

シングルファザーと再婚する方は、同じシングルマザーの方が多い傾向にあり、シングルマザーにとって新たなパートナーと一緒になれることはとても心強いですよね。

 

特に同じシングルを経験している者同士であれば、育児や家事の苦労も共有することができます。

 

これまで一人で育児と家事をこなしていた女性も、パートナーに頼れるようになります。

 

身体的な負担が軽減されるだけでなく、精神的な負担も軽減することができるでしょう。

 

 

経験豊富

 

独身男性と比較して、最もわかりやすいのは家事や育児の経験が豊富であることです。

 

一人暮らし経験のある男性でも、育児をしてみないと経験できないことはたくさんあります。

 

保育園や幼稚園への送迎、洗濯、掃除、料理、子どもの寝かしつけなどすべて子ども中心の生活に切り替え、なんとか時間と体力をやりくりしていく必要があります。

 

特に実家に頼らずにひとりでこなしている男性は、とても大変な思いをしているでしょう。

 

その大変な経験が家事スキルアップへの経験値となり、成長へと繋がっています。

 

結婚後もその経験を活かし、夫婦で協力し合いながら育児や家事を行うことができるでしょう。

 

 

経済的に余裕ができる

 

シングルマザーの方にとって経済問題はとても深刻です。

 

公的支援が充実していても、ひとりで子どもを養っていくのは簡単なことではありません。

 

シングルファザーと結婚することで、経済的に余裕ができることも大きなメリットでしょう。

 

単純にパートナーの収入を得られるだけでなく、自分の仕事を増やすという選択肢もあります。

 

シングルマザーの場合、保育園や幼稚園の都合でパート勤務の方もたくさんいて、もっと働きたくても時間の制約がかかり、思うように稼げないという問題もあります。

 

再婚をすることで世帯年収を増やすだけでなく、育児や家事を二人で分担することで効率良く働ける環境をつくることもできます。

 

 

甘えられる

 

包容力があることもシングルファザーの魅力のひとつです。

 

育児や家事を経験しているからこそ、おおらかな気持ちが育まれているのでしょう。

 

お互いの苦労を理解できるからこそ、素直に甘えられることもありますよね。

 

シングルファザーは子どもの甘やかし方だけでなく、女性の甘やかし方も心得ています。

 

特にシングルマザーの方にとっては、お互いに共感できることがたくさんあります。

 

これまで一人で頑張ってきた者同士だからこそ、お互いを尊重し合えるのです。

 

お互いに支え合えるからこそ、結婚後も良い関係を築くことができるのです。