一緒に暮らしていた親が、ある日突然居なくなったという経験を持っている人は多く居ます。

 

蒸発した親と再会を願う依頼者が居ますが、実際に探そうとした時に、どうやって探偵社に依頼すべきか分からない人も多いと思われます。

 

今回は居なくなった親を捜されている方の為に、探偵社を利用する際のポイントについてお伝えさせて頂きます。

 

 

蒸発とは?

 

蒸発とは、家を出ることを告げず、突然姿を眩ませることを指す言葉です。

 

失踪や行方不明と意味を同じくしますが、探偵の世界では、家族のもとを離れて生活を送るつもりの人間が家出をした場合にこの言葉を使用しています。

 

つまり、蒸発の場合は自殺や事故の可能性は低く、行方が分からなくなっても、何処かで生活を送っている可能性が高いです。

 

毎年かなりの依頼者が蒸発した親を探して探偵社へいらっしゃいます。

 

 

蒸発した親を捜すことは出来るのか?

 

蒸発した親を探し出すことは出来ます。

 

探偵業における所在調査、人探しといった調査項目がある会社なら必ず相談を行うことが出来ます。

 

しかし、過去に蒸発した人間を探すのは簡単ではありません。

 

時間が立ち過ぎていたり、情報が少なすぎると調査が難航します。

 

費用を無駄にしないためには、良い探偵社を探すだけでなく、その調査方法を知り、必要な情報の種類について知ることが大切です。

 

 

調査方法とは

 

蒸発した親を捜すための調査方法は、得られた情報を使って、現在の生活を予想しながら調査を行うのが基本です。

 

 

情報収集

 

まずは依頼者から調査のために必要な情報をお聞きします。

 

あまりにも情報が少なすぎる場合は失敗の恐れがあるので、依頼前に手持ちの情報を確認しておきましょう。

 

探偵社の調査力や、情報の鮮度などが影響するので、詳しいことは探偵社へお尋ねください。

 

 

調査期間がかかり過ぎる恐れも

 

過去に蒸発した親を捜そうとする方の多くは、蒸発してから十年から数十年経った後に依頼されるケースが多いです。

 

しかし、そこまで時間が経ってしまうと、依頼をする時には情報が古過ぎるために、痕跡を辿れなくなる可能性があるので、早期解決と至ることは少ないです。

 

 

死亡している可能性

 

蒸発した親を捜そうとされる方は、必ず調査をした結果、死亡の事実が発覚する可能性もあります。

 

せっかく調査を頼むのですから、亡くなっているとは思いたくはありません。

 

しかし、蒸発してから年数が経過しすぎていると、病気や事故などで亡くなっている可能性も少なからず存在します。

 

最悪の事態は避けたいですが、事実を明らかにするのなら、できる限り心の準備をしておいた方が良いでしょう。

 

 

 

蒸発してしまった自分の親と会いたいと考えた時、どうやって親と会えば悩んでしまいますよね。

 

しかし、所在調査の経験豊富な探偵社に相談すれば、その悩みをきっと解決してくれるでしょう。