調査において、昔から重要視されているのが聞き込みと言われる調査手法です。

 

聞き込みという言葉を聞いて、まず真っ先に思いつくのは、ペンとメモ帳を片手に、人の姿を思い浮かべるでしょうが、探偵が行う聞き込みでは殆どペンもメモ帳も持つことはありません。

 

では、一体探偵はどのように聞き込みを行っているのか?

 

今回は探偵が行う聞き込みの手法をお伝えしたいと思います。

 

 

聞き込みとは?

 

聞き込みとは、またの名を取材とも呼ばれ、調査対象者やその周辺人物に直接話しを聞き、調査に必要な情報を集めていく作業を指します。

 

ただし、探偵社が行う聞き込みの大半は調査対象者にその事実を知られてはいけない内容が多いので、基本的には調査対象者以外から調査対象者に関する情報を集める目的で行われています。

 

 

調査対象者に知られずに、調査対象者に関する証言を集めていく必要がある探偵の聞き込みは、警察や報道機関の人間とは違った聞き込みの手法が存在します。

 

その手法とは、できるだけ対象者から遠い人物から聞き込みを行い、次第に対象者に近い人間へと聞き込みを進めていくというものです。

 

 

結婚前調査の場合、本人に結婚の意思があるのか?または他に付き合っている異性がいないかどうかを本人の友人に訪ねれば、その事実もすぐに解ってしまうかもしれません。

 

しかし、聞き込みを行った相手が本人に近しい立場の人間となると『昨日こんな事を聞かれたよ』といって、聞き込みを行ったことを本人に喋ってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

しかし、本人と面識はあるものの、それほど親しく無い人間や、または付き合いの無いマンションの同じ階の住人など、できるだけ遠い人間から聞き込みを行うことで、真実に近い確実な証言が得られないことと引き換えに、本人に調査の事実が知られるリスクを下げる事ができます。

 

 

この様に、探偵が行う聞き込みは対象者を中心とした円の外側から信ぴょう性の薄い証言を集めながら、次第に中心に向かって情報を集めていくという手法をとるのが基本となっています。

 

 

身分を偽っての聞き込み

 

探偵の調査でもっとも難しいのは、自身を探偵であると言ってしまうとなかなか証言が得られない場面が多いことです。

 

これは依頼の内容によって聞き込みのしやすさが大きく変わります。

 

例えば人命の掛かった行方調査や、依頼者の名前を明かして調査を行う場合には探偵の名前を出した方が聞き込みがスムーズに行くこともあります。

 

しかし、それ以外の大半の調査の場合、ある特定の人物に関するプライベートな情報を聞き出そうと思った場合には、探偵という身分を明かさずに聞き込みをしたほうがスムーズに行える場合が殆どです。

 

 

聞き込みはベテランが担当する事が多い

 

聞き込みを成功させる最大の要素は、探偵がいかに相手の信頼を得られるかです。

 

そのため、コミュニケーション能力が高かったり、容姿や話し方で相手に信頼感を与えやすい探偵が聞き込みを担当することが多いです。

 

中でもキャリアの長いベテラン探偵は尾行や張り込みなどは行わず、聞き込みの技術のみで調査を成功に導けることもあり、こうした探偵が一人でもいる探偵社の調査成功率はとても高いものと言えるでしょう。