浮気調査の中でも大変に厄介なのが、日本人ではなく外国人と浮気をしている場合です。

 

ここでは外国人の浮気調査の実態について詳しく解説していたいと思います。

 

 

浮気相手の外国人と何処で会うのか

 

それが日本国内で会っているようなら、相手も日本に居る可能性が高くなり、さらに会う頻度が高いのであれば、近所に住んでいる可能性が高まります。

 

一方、もし調査対象者が海外出張に出かける時に会っている様子が伺えるなら、相手は間違いなく海外に住んでいると見て良いでしょう。

 

こうなると、尾行にかかる調査員の数も経費も大きく変わってくるので、できるだけ事前に対象者のスマホなどを確認し、浮気相手との接触場所を調べておいて下さい。

 

 

相手の国籍

 

国籍さえわかれば、そこから対象者との接点や住んでいる地域、日本での職場などもおよその予測が付きます。

 

探偵社に調査を依頼する前にはできるだけこのポイントを自分で調べておくと良いでしょう。

 

 

外国人の場合でも、通常の浮気調査と同じ様に対象者の尾行から調査がスタートします。

 

ただ、ほかの調査と大きく違うのが、対象者が海外出張などの際に浮気相手と会う可能性が高いため、その調査もかなり大がかりなものになってしまう所でしょう。

 

様々な方法があるかと思いますが、いずれにしても通常の浮気調査より大きな費用が掛かることは覚悟しておかなければなりません。

 

ただ、日本国内で浮気調査を行う場合は通常の調査と変わりません。

 

対象者を尾行して、浮気相手を確認し、不貞行為となりえる証拠を押さえます。

 

 

相手が水商売や風俗業だった時は

 

外国人相手の浮気調査で多いのが、日本人男性が外国人の水商売の女性と親密な関係になっているパターンです。

 

この時、場合によっては不貞行為の証拠掴むのが対象難しくなる可能性があるので、以下の事を確認しておいてください。

 

店外デートは浮気にならない

 

水商売の女性の場合、店外デート(アフター・同伴出勤など)は業務の一環とみなされます。

 

女性が勤めているお店のサービス内容が過激であった場合は、キスをするといった行為がみられても、それも浮気と判断されない場合があります。

 

ホテルに入る事も浮気にはならない

 

外国人風俗嬢とラブホテルに入ったとしても、その女性がデリバリーヘルスなどの無店舗型性風俗サービスの従業員であれば、ホテルに入る事自体はサービスの一環としてみなされる恐れがあり、離婚が認められず、慰謝料も請求できない事態に陥る可能性があります。

 

ただ、その行為が複数回あれば、浮気とは立証できなくとも、結婚相手を裏切る背任行為として離婚、もしくは慰謝料請求が出来るでしょう。

 

 

外国人と浮気をしていることが解った場合、その相手との裁判も考えて、できるだけ相手の現住所を調べる必要があります。

 

さらに日本に住所地を置いているのか?それとも外国籍のままなのかも確認した方が良いでしょう。

 

もしも日本に住所をおいてれば、日本の法律で慰謝料を請求できますが、外国籍のままなら慰謝料請求が難しいかもしれません。

 

そのためには、浮気調査を行ったあと、相手の帰宅先を調べ、その人物がどこに住所を置いているのかを確認すべきです。