探偵に浮気調査の依頼をするとき、必ず契約書を取り結ぶ必要があります。

 

契約書の内容はきちんと確認する必要があります。

 

今回は、正式に契約を結ぶ前に確認しておきたい契約内容について簡単にご説明します。

 

 

契約書の作成と説明はあるか

 

探偵が調査を行うときは、必ず契約書の作成と、内容の説明を行うことが探偵業法で義務付けられています。

 

それがない探偵社には、浮気調査を依頼しないようにしましょう。

 

契約書は内容をきちんと確認したうえ、契約をするようにしてください。

 

 

料金の内訳、料金プラン

 

浮気調査の料金プランは、探偵事務所によって大きく異なります。

 

どういった料金プランで、どういった料金の内訳になっているのか、がきちんと契約書に記載されていることを確認しましょう。

 

 

料金の支払い方法

 

料金の支払い方法についても確認しておきましょう。

 

調査終了後振込で行うのか、慰謝料が入った後の支払いか、分割払い、カード払いは適用できるのか、などをきちんと確認しておきましょう。

 

 

調査日時の変更が可能か

 

例えば、日時を指定して調査を依頼していたけど、その日は調査対象と自分自身が出かけることになった、などの場合、その日に浮気の証拠を押さえられることはほぼないです

 

そんな場合のために、調査日時の変更が可能か、についても事前に確認しておきましょう。

 

 

追加料金が発生するか

 

探偵事務所との間でよくあるトラブルは、追加料金が発生するなんて知らなかったというものです。

 

どういった追加料金が発生する可能性があるのか、についてはきちんと聞き、書面に残しておきましょう。

 

 

調査報告書を出してくれるか

 

浮気調査をする場合、通常、探偵は浮気の調査報告書を作成してくれます。

 

調査報告書には、何時にどこでどのような調査を行なったのか、が詳しく記載されます。

 

調査報告書は裁判でも使えるものですから、正確さが求められます。

 

探偵と契約する前に、どういった形式の調査報告書を出してくれるのか、それは裁判で有益な証拠となり得るか、確認しておく必要があります。

 

 

 

どの探偵社を使うか、という検討は、時間と気力を要しますが、調査が始まってから後悔しないためにも、じっくりと契約内容を確認することをおすすめします。