探偵の調査が完了し、最後に受け取ることになるのが「調査報告書」です。

 

調査報告書が重要である理由をご説明します。

 

 

第三者を納得させる証拠になる

 

探偵が依頼主に電話で調査結果を報告したとしましょう。

 

状況証拠はしっかり揃っており、不貞行為は確実です。

 

しかし、それが口頭で伝えられたものであれば、夫にその内容を伝えたとしても「その時間は、会社で働いていた」「証拠があるなら出してみろ」と言われてしまえば、それ以上責めることはできません。

 

しかし、調査報告書があればどうでしょうか?

 

夫が家を出てからの行動全て、ホテルへの出入りを表す写真、状況が全て記載されていたとしたら、夫はもう言い逃れができません。

 

さらに、慰謝料請求や離婚に向けた話し合いなどでも使用できるほか、裁判の書類としても提出が可能です。

 

 

調査報告書は書類 文章と写真、 DVD 動画などがあります。

 

調査報告書の書類の場合は、調査開始(尾行・張り込み開始)から完了まで、対象者の行動や発言、出会った人物、関係者との様子など、全てを時系列に記載することが基本です。

 

 

何重もの裏付け調査を行い、調査報告書を作成する

 

もしも別人を調査対象者と勘違いしたまま、調査報告書を作成してしまったら、どうなるでしょうか?

 

さらに調査対象者の浮気相手を間違え、別人に内容証明郵便を送ってしまったらどうでしょう?失敗どころか、逆に名誉毀損で訴えられる可能性もあります。

 

また調査報告書に誤字や脱字、日付や住所の間違い等があれば、正確性に欠けると判断され、証拠としての価値も大きく下がってしまいます。

 

曖昧さやいい加減さをよしとせず、真摯に調査と向き合っているからこそ、調査報告書は証拠能力が高いと認められているのです。

 

 

どんな調査報告書でも、裁判の証拠に使える?

 

しかし裁判の証拠として使うためには、どんな調査報告書でも良いというわけではありません。

 

そのため、裁判で使う可能性がある場合、使いたいと考えている場合は、事前に探偵側に相談する必要があります。

 

より詳細に、丁寧に証拠を取得する必要があるため、探偵側も綿密な準備が必要です。

 

事前にきちんと目的を話すことが、スムーズな調査につながるでしょう。

 

 

前もって裁判で使いたい旨を伝えることで、探偵事務所側での対応は可能です。

 

裁判、裁判資料、慰謝料に関する不安・疑問をお持ちの方は、一度ご相談ください。