調査中の依頼者の行動が、調査結果を左右することがあります。

 

間違った行動をとってしまう前に注意して頂きたい事をお伝えします。

 

 

名刺や契約書などを無造作に置く

 

 

探偵に契約した際には、名刺や契約書を受け取ることになりますので、これらの書類を、無造作に置いたり、人目に触れる可能性が高い場所に片付けることは絶対にダメです。

 

普段、そんな場所を見ることはないからと、安易な気持ちで隠し、発見されてしまった事例も少なくありません。

 

調査対象者は、依頼主の想像以上に発言・行動に敏感であり、いつもと違う空気を感じた場合「何か企んでいるのでは?」と、警戒します。

 

 

スマホのアドレスに、探偵社の名前をそのまま登録する

 

 

基本的に、探偵に調査を依頼した場合、ほぼ全てのやり取りはスマホを用いて行うことになります。

 

その際、◯◯探偵事務所とアドレス帳に登録してしまうと、万が一調査対象者にスマホを見られたら警戒されます。

 

着信履歴やメール履歴などを消去する癖がない人も注意です。

 

 

探偵が調査中にも関わらず、自分でも尾行してしまう

 

 

探偵が尾行中であるにも関わらず、自分も尾行を開始してしまうことがあります。

 

素人の尾行は、対象者に気付かれるリスクが大変高く、探偵の調査にも支障が出てしまいます。

 

配偶者と浮気相手が出会う日がわかっている状態で、我慢をするのは辛いものです。

 

しかし、そう思った時は依頼した目的をもう一度思い出し、極力冷静になるよう心がけてください。

 

 

身近な人に探偵に依頼していることを話す

 

どれだけ信頼できる人物であったとしても、探偵に依頼したことを話してはいけません。

 

あなたが味方だと思っている人が、対象者と何らかの関係性がある可能性も。

 

対象者と言い争いになったときも「探偵に頼むから!」「証拠を絶対に見つけてやる!」などの言葉は言ってはいけません。

 

その言葉から、警戒心を強めてしまう可能性が高いです。

 

 

次に、調査中にやって良い行動とは…

 

 

問い詰めたりや、探りを入れることをやめる

 

聞きたい事は沢山あるでしょうが、何のために探偵に依頼したのか、もう一度思い出してください。

 

あなたが直接問いただしたりして、素直に話してくれる対象者であれば、あなたは探偵に頼まないです。

 

調査をスムーズに進行させるためにも、探索は控えて下さい。

 

 

普段通りの行動を

 

調査中は「自然体で過ごすこと」これが一番大切です。

 

対象者に対して、今までと同じ態度で接する、探偵へ連絡は、対象者がいない場所で行う、言い争いを避ける。といった点が挙げられます。

 

 

 

いくらあなたが上記の注意事項を守り対象者と接していたとしても、相手に気づかれてしまう可能性はゼロではありません。

 

一旦調査を延期するか、別の方法で調査を続行するかなど、臨機応変に対応を行います。

 

当社は、あなたが本来の目的を達成するよう様々な形でのサポートを行いますので、どうぞご安心ください。