結婚相手の行動が一番大切なのですが、依頼者によってはその家族についても調べてほしいと考えている人がいます。

 

他人からすれば、結婚は当人同士の問題という意見をお持ちの方もいるかもしれません。

 

しかし、現在日本では嫁姑問題で結婚相手の家族とのトラブルが多いのです。

 

 

結婚前に婚約者の母親の性格などを知る事は出来るのか?

 

調査において、相手家族の母親の風評や評判について調査を行う事は可能です。

 

どのように調査するのかお伝えします。

 

 

1聞き込み

 

対象者の母親の周辺人物にまずは聞き込みを行います。

 

また、本人の詳しい性格について知りたい場合には、調査員が身分を偽り、本人と直接接触を行ってその性格を調べる事も可能です。

 

このような調査を行う場合は、公平性に重きを置き、そこから対象者がどのような言動を行うかを調べないといけません。

 

 

2職場で評判、対応を調査する

 

職場での評判や対応について調べる事が可能です。

 

特に接客業で、調査員が直接会話する事が出来る場合、探偵社の人間が一般客を装って観察する事が可能です。

 

また、同僚からの情報を聞き出すこともできるかもしれませんが、あまり過度な聞き込みをすると本人に調査の情報がバレるかもしれませんので程々にしなくてはいけません。

 

 

3対象者のブログやSNSを調べる

 

昨今では中高年の方でもブログやSNSを行っている方が多いです。

 

その場合、日常生活では吐き出せないような愚痴や本音と思われるような記述をアップしている人も多いので、その人と成りを知るには重要な証拠となるでしょう。

 

 

対象者の調査が終わったら….

 

調査の結果、探偵社が出す報告書に対象者の性格についての調査員の主観が入り込むことはありません。

 

したがって、事実はそのまま、聞かれた内容もそのままに書くのが報告書となりますから、結果的に婚約者の母親の性格を判断するのは依頼者に全てお任せする事となります。

 

その結果、どうしても母親に問題があり結婚をしても上手くやれる自身が無いのであれば、結婚を思いとどまるのも一つの方法でしょう。