最初に国際離婚の国別をみていきたいと思います。

 

最近は減少傾向にありますが、それでも年間に離婚する夫婦は数千から数万組にのぼります。

 

 

 

夫が日本人・妻が外国人の場合

 

妻の国籍別にお伝えしますと、妻が中国、フィリピン、韓国の方が多い事が分かっています。

 

 

妻が日本人・夫が外国人の場合

 

夫の国籍別にお伝えしますと、夫が韓国、中国、アメリカの方が多いです。

 

 

国際離婚を回避する為には

 

現在、離婚の危機にある方やこれから国際結婚を検討している場合は外国人のパートナーとうまくいく為に必要な事を考えてみて下さい。

 

根本部分がずれてしまうとその後の結婚生活に影響しかねません。

 

国際離婚を避けるためにも、大切な事をお伝えしたいと思います。

 

 

コミュニケーションをたくさんとる

 

喧嘩をした時や、上手くいかないときこそじっくりとコミュニケーションをとりましょう。

 

言葉の問題があるのなら、相手にうまく伝えるための努力をしなければなりません。

 

これは外国人に限らず相手が日本人でもいえることです。

 

コミュニケーションがなければ、関係は悪化するといっても過言ではありません。

 

 

お互いの文化を尊重する

 

生まれも育ちも違うのであれば、意見の相違が生まれることも当然の事だと思います。

 

2人がぶつかったときこそお互いを非難するのではなく、尊重し合うことに力を注いでください。

 

 

後悔しないように日々勉強

 

相手の国の事や文化の事は日々勉強するようにしてみて下さい。

 

一緒にいる間は楽しいことばかりに目がいき、なかなか深刻な問題に気が付かないことも多いです。

 

結婚した後に、知らなかった…とならないように日々学ぶようにしてみてください。

 

また、結婚している方も同じです。

 

知るべき事はまだまだあると思いますので新しい発見をするためにも学ぶことに着目してみてください。

 

 

 

生まれも育ちも違う2人が結ばれたのはご縁があってのことです。

 

文化の違いや言葉の壁から離婚に発展してしまう方もいますが、もし修復可能であれば今日お伝えしたことを振り返りながら生活していただけますと幸いです。

 

 

なかには、手遅れの場合もあると思います。

 

そのときはご自身の幸せのために最良の選択をしてくださいね。