スマホへの依存が高まれば、会話の減少などから夫婦間、親子間のすれ違いに発展し、スマホ離婚へと繋がるのかもしれません。

 

スマホにより会話が減少すれば、離婚に至ってしまうリスクが増加する事が考えられます。

 

そこで今回は、スマホ離婚の実態をご紹介します。

 

 

 

スマホ離婚になる可能性のある行為

 

では、一体どんな行為がスマホ離婚へと繋がるのでしょうか?

 

 

家の中でも常にスマホを離さない

 

スマホには通話以外にも様々な機能が付いているため、いつの間にかスマホにその方の人生が詰まっているような状態になっている可能性が高いでしょう。

 

LINEの履歴、ネットの検索履歴、あまり見られたくない写真、SNSの投稿など。

 

暗証番号や指紋認証でロックをかけ、常に家の中でも持ち歩くような行為をすれば、誰だって やましいことがなるのでは!?もしかして浮気!?と、疑いたくなります。

 

浮気している人の特徴として スマホを常に持ち歩く というものがあります。

 

 

食事中もスマホを操作している

 

家庭で料理を作ってくれるのは今でも女性が多いと思われます。

 

毎日ご飯を作ってくれる妻に対して、夫は感謝の気持ちは持っているのかもしれませんが、それでも食事中にもスマホを離さないのは考えものです。

 

もし女性が専業主婦であるならなおさら話し相手は欲しいでしょうし、働いていたとしても目の前にいる夫と会話をしたいと思うのは当然です。

 

そんな大事な時間までスマホに集中されると気持ちも離れていきます。

 

 

2人でいてもずっとゲームばかりしている

 

家の中で四六時中ゲームばかりして2人の会話がない。

 

これだけでも考えものですが、かなりの金額をゲームに課金している場合は月のスマホ料金も高くなります。

 

ゲームをしない人がこういった事を良く思うはずがありません。

 

ゲームに対する呆れ、一緒にいてもゲームばかりする相手への苛立ちが、スマホ離婚への原因となっていくのは間違いない事です。

 

 

浮気の疑いをかける

 

スマホを常に持ち歩くようになるのは、浮気をしている方によく見られる特徴ではあります。

 

しかし、スマホ依存が問題視されている今、単純にスマホを肌身離さず持ち歩いているだけで、浮気を疑うのは早いかもしれません。

 

絶対に浮気だと決めつけて、夫のスマホロックを執拗に解除させて、見せなさい!と迫るのは、離婚へのカウントダウンが始まるきっかけになってしまうかもしれません。

 

どうしても浮気が気になってしまう方は、浮気解決のプロである我々探偵にご相談下さい。