夫が大切な時期に浮気をしていたら、これから先のことを考えて、離婚をするべきか悩まれる人が多いと思います。

 

今回は、妊娠中の浮気や対処方法について詳しく解説します。

 

 

妊娠から出産まで夫婦共に幸せに、仲良く乗り越えたいところですが、この時期に夫が浮気してしまうケースがあります。

 

妊娠中、浮気する旦那に多いのが、

赤ちゃんの成長に興味がない、つわりで苦しんでるのに知らんぷり、一人で外出する日が多くなった….

などです。

 

子供ができると、自然と妻や子供のことを考えて行動しますが、浮気をしている男性は自分中心で考える人が多いです。

 

たとえば、つわりや切迫流産・切迫早産で苦しんでいるのに、仕事や友人との付き合いを理由に一人で外出するなどの行動が見られがちではないでしょうか。

 

妊娠中で大変なのにもかかわらず、一人になる時間を優先する夫は浮気をしている可能性が高い傾向にあります。

 

 

浮気する夫の心理

 

なぜ妻の妊娠中に夫が浮気するのでしょうか?

 

妊娠中ずっと夜の生活を断られる、妊娠を理由に家事や手料理を手抜きする、常にイライラしている

 

中でも多いのが、夫婦関係がない、妻への不満です。

 

しばらく夫婦生活がなかったり小言を言われるなどの理由で、夫が浮気してしまう可能性が高いです。

 

 

つわりがあると、これまでしっかりこなしていた家事などを、妊娠した途端、疎かにしてしまうこともあります。

 

とはいえ妊娠中は体への負担を最小限に考えなくてはいけません。

 

 

離婚?妊娠中の浮気を許す?許せない?

 

どんな理由であれ、妻が大変な思いをしている妊娠中に浮気をすることは許されることではありません。

 

しかし、夫が心から反省している態度を取ったり、条件などによって浮気を許すこともあるでしょう。

 

妊娠中に浮気されたら、離婚をするべきなのか悩みどころです。

 

経済面の心配はないか?周囲に頼れる人はいるか?

 

自分一人の生活ならまだいいのですが、これから出産して子育てをしていく中でお金は絶対に必要です。

 

仕事をすると子供の面倒を見てもらう状況も多くなるため、誰か頼れる人が周囲に居るか確認しましょう。

 

もし、このポイントがクリアできないなら、今離婚するとこの先大変な生活が待っています。

 

離婚の選択は最終手段として、今は無事に出産することだけを考えるのもひとつの解決策です。

 

妊娠中は思うように動けないので証拠を集められないケースが多いのです。

 

ですので、慰謝料請求を確実に行う為にも浮気調査のプロの探偵事務所にご相談するのがおすすめです。