なぜ職場の同僚と浮気する人が多いのでしょうか?

 

なぜ職場の同僚と浮気する人が多いのかを、その浮気のきっかけをお伝えしていきたいと思います。

 

 

目標達成に向かって協力するから

 

会社は利益を追求する場所であり、会社の目標を達成するために社員はチームワークを発揮する必要があります。

 

共通の目的に向かって協力しあうなかで、親密性が増して、距離が近くなり、次第に同僚以上の関係になってしまう事もあります。

 

 

プライベートな会話をする

 

多くの時間を過ごす同僚ですから、仕事に集中していても、休憩時間や移動時間などにプライベートな会話が増えます。

 

そんな関係が続くわけですから、同僚と仲良くなっていくのは当たり前で、会話の内容も次第にディープなものになっていっても不思議ではありません。

 

そういう状態で、お互いの家庭や恋愛が上手くいっていないとわかれば、仲良くなった同僚の方に気持ちが傾き浮気してしまう事もあるようです。

 

 

共に出張へ行く

 

職場の同僚であれば、出張の仕事として一緒に泊りがけで行くこともあります。

 

その出かけた先で、親密な仲になり性的関係が始まり、不倫のスタートという事がありがちです。

 

出張は、家族にも仕事だから、と堂々と言えるので、遠出でも罪悪感なくできる、というところもあります。

 

 

仕事などの愚痴を言い合う

 

昼休みや飲み会などで、上司や会社について愚痴を言い合う事があります。

 

仲良くなってプライベートについても愚痴を言い合うようになれば、お互い今の恋愛関係に不満がある!という共通認識ができるため、ちょっとしたきっかけで浮気に発展してしまうのです。

 

 

上司への尊敬が恋愛になる

 

上司などは、部下にとっては格好良くみえがちです。

 

立場が上で権力があり、頼れる人に出会ったとき、尊敬の気持ちが芽生え、その尊敬が恋愛に変わっていく事もよくあります。

 

 

最後に

 

職場の人とは、恋愛関係になりやすい理由が他にも沢山あります。

 

現在の家庭や恋愛関係に不満があり、職場にいる時間が長い人は、同僚と浮気をする可能性が高いと言えます。

 

パートナーに浮気されたくない!という方は、互いに不満を話し合える関係を築いておきたいですね。

 

しかし、それでも浮気はおきるものです。

 

パートナーが同僚と怪しいとお悩みでしたら、ご気軽に当社にご相談下さい。