探偵社に依頼したいと考える場合、まず気になるのは料金ですよね。

 

探偵事務所は独自に料金を設定できるため、事務所によって料金は異なります。

 

一時間あたりの調査料金も違えば、「定額パックプラン」「成功報酬型」など料金形態も様々です。

 

多くの人は、探偵に依頼した場合、いくら浮気調査の費用がかかるか知らない方が多いですし、調査や報告がどのように行われるのかご存知ありません。

 

どこよりも安い料金!などの広告につられて依頼したら、実際に支払う段階になって、事前に言われていた金額よりも多い料金を請求された、ということも珍しくないのです。

 

今回は、そうならないよう対策等をご紹介していきます。

 

 

安すぎる料金に惹かれて依頼したのに

 

どこよりも安い料金で浮気調査を行います!などとネットの広告などに、うたっている探偵事務所がありますが、実際には、表示されている金額よりも高額を請求されることになるケースがあります。

 

一見安い料金設定をしているように見えても、その料金は「初回の調査のみ」、「決まった時間の調査」だけ、という場合もよく聞きます。

 

浮気調査はよっぽど簡単な調査でなければ、一日で証拠が取れる事はありません。

 

そのあとは、一時間につき◯円費用が追加される、ということになります。

 

悪質な探偵事務所は、事前の説明もなく、「◯時間の調査時間を超えたので延長料金が発生します」と要求してくる可能性があります。

 

安すぎる料金設定をしている探偵事務所に依頼をする場合は、事前にしっかり説明を受け、

追加料金などを考えた場合に他社と比べて高すぎないか吟味する必要があります。

 

 

調査したけど証拠はつかめなかったと言われた

 

悪質な探偵事務所の中には、調査を全くせずに、調査料金を請求するところもあります。

 

依頼側としては、本当に浮気調査をしたのかどうかを知る権利があります。

 

ですから、調査の様子を小まめに伝えてくれる探偵事務所を選びましょう。

 

報告書が適当であったり、写真が付いていない場合は、調査をせずに調査費用を請求される可能性がありますので、注意です。

 

 

請求された金額は当初の倍

 

多くの探偵事務所が調査にかかった時間を基準に調査費用を計算しています。

 

たとえば、一時間1万円で稼働できる調査員が5時間10日にわたって調査した場合、

1名×1万円×5時間×10日=50万円+諸経費が浮気調査の費用となります。

 

悪徳な探偵事務所は、実際にはこれだけしか費用がかかっていないにもかかわらず、小細工をして倍の100万円を請求される可能性もあります。

 

例えばですが、調査は調査員2名で行っていた!や、実際は一日10時間調査を行っていた!と言ってきたり….

 

そうなると、倍の浮気調査費用になってしまいます。

 

こういった被害を防ぐためにも、契約書を作成する時に、費用の支払いは◯万円まででお願いします!といったことを伝え、明記しておくなども大事です。

 

 

今回は、調査費用の水増し例などの対策についてご紹介しました。

 

まずは怪しい探偵事務所には依頼しないことが大前提です。

 

浮気調査は、ケースによって難易度が違いますから「どこよりも安い」などと誇大広告をしている探偵事務所は避けた方が良いです。

 

いくつかの探偵事務所に相談に行って、対応、料金などを比較してみて、一番誠実に対応してくれる事務所を選んでくださいね。