娘様が不倫をしている事にお悩みのご両親から相談を受ける事もあります。

 

今回は、不倫をすると起こりうる事、取りうる対応について解説したいと思います。

 

 

このまま娘が不倫していたら…..

 

相手の妻から慰謝料を請求される可能性がある

 

既婚男性と不倫している場合は、男性の妻から慰謝料を請求される可能性が高いです。

 

貞操義務に違反したのは既婚男性ですが、一緒に精神的苦痛を与えた不倫相手である娘様にも慰謝料請求が出来る事になっています。

 

 

娘様も既婚の場合は夫から慰謝料を請求される可能性がある

 

不倫していた娘様が既婚の場合、夫が娘様に対して慰謝料を請求する可能性があります。

 

夫は、不倫相手にも慰謝料を請求できます。

 

不倫相手が既婚男性というダブル不倫の場合は、お嬢様は自分の夫と、不倫相手の男性の妻の双方から慰謝料を請求される可能性があります。

 

 

夫から離婚される可能性がある

 

不倫をして、夫が離婚を望んだ場合、娘様が離婚に合意せずにもめた場合は、離婚裁判を起こされてしまう可能性もあります。

 

最終的に離婚裁判で離婚の判決が出る可能性がある事を伝えた方が良いでしょう。

 

 

娘の不倫を知った場合に親が取るべき対応とは

 

 

不倫のリスクを説明する

 

不倫をすると、上記のように、慰謝料を請求される可能性、離婚を請求される可能性があります。

 

慰謝料の目安は、不倫で別居や離婚をしない場合は50万円~200万円程度、不倫で別居や離婚をする場合は100万円~300万円程度が相場と言われています。

 

娘様が専業主婦だった場合には、離婚後に一人で、子供を抱えて生活していくのは大変な事です。

 

実家でサポートができる場合はいいですが、それだけでは子供の親権が認められないこともあるので、娘様自身が自活の道を見つけていかなければいけません。

 

 

最後に

 

今回は、娘様が不倫しているご両親の方に向けて不倫で生じるリスクについてお話させていただきました。

 

娘様の不倫でご両親に影響や責任が及ぶことはありませんが、不倫している娘を心配する親の気持ちが解消されるものではありません。

 

娘様の不倫でお悩みの場合は、ご気軽にご相談下さい。