浮気調査をしたいけどできないと頭を悩ましている人は数知れません。   自分の夫や妻が浮気調査をするとなると、どうしても頭をよぎるのは「バレしまったらどうしよう」という不安です。   確かに、浮気調査がバレてしまったら大変なことになるのは必須。 なら、浮気調査はぜったいにバレないように行わなくてはなりません。   ■バレずに行う事は証拠を取ることより大切   浮気調査では、証拠を取ることよりも大切です。   もし自分の夫や妻が浮気をしているとなると、誰でもその証拠を手に入れることに躍起になってしまいます。   ですが、もし調査がバレてしまったら? そうなると、本当に肝心な証拠を手に入れるまえに相手を警戒させてしまい、浮気の証拠そのものを隠してしまうかもしれません。   〇自分で浮気調査をやる場合は絶対に警戒させてはいけない   探偵に浮気調査を依頼しない人は沢山います。   ですが、その場合に失敗してしまう大半の理由が、浮気調査がバレてしまうからです。   浮気調査はバレてしまったら意味がありません。 証拠を取ろうと必死になるがあまり、無理な浮気調査をしてしまったり、場合によっては怒鳴りつけて相手の携帯電話を奪ってしまう。こういうことをしたら、かならず相手は警戒しますし、意地でも証拠を出さないようにするものです。   ■浮気調査を相手に気が付かれない工夫   浮気調査を相手に気が付かれないようには、次のポイントを抑えるようにしましょう。   警戒させさせなければ、確実に浮気の証拠を手に入れることが大切です。 証拠を取る前に、まずは落ち着いて冷静になりましょう。   〇絶対に証拠を出せと迫らない   浮気をされれば頭に来るのはわかります。 その怒りは愛情があることの証拠ですし、普通の人ならまず相手に怒鳴りつけたくなります。   しかし、もし浮気の証拠が欲しいなら、その怒りは絶対に表に出してはいけません。 浮気の証拠を手に入れるためには、ぜったいに相手を警戒させたり、恐怖させてはいけません。   〇証拠を取るタイミングは絶対に図る   証拠を手に入れるタイミングは絶対に計算してください。   なんの計算もなく、とにかく証拠を取ろうと携帯電話を見ていたら、夫や妻に「何をしているの?」なんて言われたら結局証拠は手に入りません。   相手にぜったいに気が付かれず、安全なタイミングを見計らうこと。 少し臆病な位でかまいません。徹底して発覚を防ぐようにしましょう。   〇調査をした痕跡は絶対に消す。   調べものをすれば、その痕跡は必ず残ります。   例えばバックの中を調べた時にしまう場所を変えています   スマートフォンやパソコンの中を調べてた時に、動作の記録を残してしまう。   こういう細かい部分で浮気調査をした痕跡に気が付き、対象者が警戒する場合も十分にあります。   そこで、浮気調査の痕跡は絶対に消すように心がけましょう。 特にLINEを調べようと思っている人は要注意です。 本人が見ていないはずのトークが既読されていれば誰だって警戒します。   ■探偵は対象者に警戒されずに浮気調査をできる   探偵に浮気調査を依頼すれば、対象者にまるで警戒させずに浮気調査を行うことができます。   探偵は対象者と接触することはまずありません。 尾行や張り込みも常に距離を取って行い、その存在にすら気が付かれることなく調査を進められるので、対象者を警戒させる可能性は限りなく低いです。   〇ただし探偵事務所への依頼を悟られる可能性も   探偵は対象者を警戒させずに調査を行うことが可能ですが、その依頼を対象者に悟られる可能性があります。   普通の対象者ならそこまでの警戒心は持っていませんが、過去に探偵に浮気調査をされた経緯を持つ人や、証拠を取られる可能性を弁護士などに警告されている人は万が一の可能性に備え、貴方が探偵事務所に依頼したかもしれないと考えています。   そうした警戒心を持つ人間から証拠を取るためには、依頼者自信も十分に注意しなくてはなりません。   浮気調査を成功させるためにも、対象者を警戒させるような行動は慎んでおきましょう。