浮気調査をこれから行おうと思っているなら、あまりおすすめではできません。   というのも、自分で行う浮気調査は大抵の場合失敗してしまいます。 しかし、なぜ自分の浮気調査が失敗してしまったのか、その理由がわからない人がとても多いと思うので、今回は自分で行う浮気調査が失敗していまう理由について詳しく解説していきます。   ■自分で行う浮気調査が失敗してしまう。   浮気調査をしようと思ったものの、結局何もわからずに終わってしまう。 もしくは、浮気の証拠は掴んだけれも浮気調査がバレていまう。   こういったことは珍しくありませんし、浮気調査をする人なら誰でも経験することです。 というのも、多くの人が浮気調査に慣れていませんし(普段から慣れている人もどうかと思いますが)配偶者や恋人にバレないように調査をするのはとても緊張するからです。   では、自分で行う浮気調査を失敗しないためにも、先に浮気調査で多くの人が失敗してしまうポイントについて見ていくことにしましょう。   〇つい相手に浮気を警戒しているか問いだしてしまう   浮気を疑っていると、ついやってしまうのが本人に「もしかして浮気しているんじゃないの?」と問いだしてしまうことです。   確かに正攻法ですし、倫理的にも本人の口から直接聞いたほうが良いでしょう。   ただ、残念ながら浮気調査は正攻法で常に成功するとは限りません。 浮気をする人間は初めっからパートナーを騙すつもりです。相手が自分を本格的に疑っているとしたら、すぐにでも浮気の証拠を消すでしょう。   浮気をしている人間の中には、何がなんでも証拠を隠滅しようとする人もいます。 中には「携帯電話を見せて」と言ったとたん、その場でスマートフォンを破壊してしまうような人間すらいる位です。   そんな相手に正攻法が通じるわけがありません。 よほど間抜けな人間でない限り正直に話しません。   〇無茶なタイミングで携帯電話を覗こうとする   浮気の証拠を手に入れようとするがあまり、あまりにも無茶な方法で携帯電話の中身を覗こうとする人がいます。   しかし、慌てて携帯電話を手に入れても意味はありません。 大抵は携帯電話にロックが掛かっていますし、それを解除するためにもまずは暗証番号を知る必要があります。   また、携帯電話を覗き見ている姿をパ―トナーに見られてしまったという人も多いです。 携帯電話を覗きみられる姿をみられればその場で携帯電話を回収し、中にある証拠は全て抹消するでしょう。   〇自分で尾行を試みてしまう   浮気の現場を何が何でも押さえてやろうと尾行をしてしまう人もいます。   たしかに自分で現場を直接見たいという気持ちは、浮気調査を行う人には誰にでもあります。 しかし、尾行や張り込みというのは専門技術であり、一般の人が行ってもまず成功しません。   さらに最悪なのが、尾行や張り込みを行う人間が、ターゲットと最も距離の近い人間だということです。   自分の配偶者が尾行していることに気が付く確率は、そうではない人間よりも驚くほど高いものです。   変装すれば尾行ができると思っている人も多いですが、顔を隠した位では決してうまくは行きません。   普段からその容姿を見慣れているだけでなく、足音から息の仕方、細かいしぐさまで覚えてしまっているのがパートナーというもの。幾ら顔を隠して服装を変えても、歩き方一つで貴方だとバレてしまうので、絶対に失敗すると思ってください。   ■浮気調査を失敗しないために   浮気調査は一度失敗すると取り返しがつきません。   そこで、はじめから失敗するとわかっているなら、浮気調査のプロである探偵に浮気調査を依頼してみることをおすすめします。   〇ターゲットにバレることなく浮気調査を成功させる   探偵はターゲットに決して見つかることなく浮気調査を成功させる技術を持っています。   普通の人なら相手に見つかってしまうような場面でも、探偵個人の技術と知識の他にも、、チームプレイを駆使してターゲットの警戒を潜り抜けながら浮気相手との接触を押さえます。   この技術さえあれば、浮気の証拠はもらったも同然。 しかもターゲットに気が付かれることがないので、依頼者は安全に決定的な浮気の証拠を手に入れることができるのです。   〇第三者が調査をするから発覚率が低い   自分で尾行や張り込みを行おうと思っている人はやめておいたほうが良いですが、それが第三者なら成功率は格段に上がります。   見ず知らずの他人に尾行されるのと、顔見知りに尾行をされるのでは天と地ほどの開きがあります。まったく顔が割れていない人間に尾行や張り込みを行ってもらうには、やはり探偵事務所が最適です。   〇スマートフォンの中身が見れなくても大丈夫   浮気をしている人間はよくスマートフォンにロックを掛けていますが、探偵ならば別段スマートフォンの中身をチェックする必要はありません。   探偵が狙うのは、決定的な浮気の証拠となる浮気相手との接触と不貞行為です。 これだけは幾らスマホにロックをかけようが無駄ですし、セキュリティの掛けようが殆どありません。   浮気をする以上、浮気相手と会うのは必然。 その仕組みを利用して浮気の証拠を取るのが探偵なのです。   ■危険だと思ったらプロに相談を   浮気調査を自分で行うのは構いませんが、リスキーな調査だけは絶対に避けてください。   浮気調査が見つかることも危険ですが、最も危険なのは浮気調査のせいで貴方自身が犯罪者になってしまうような事態です。   法律に関する知識などは普通の人は持ち合わせていませんし、パートナーの浮気が心配になりすぎている人は、時として法を破ることすらいとわなくなります。   そんな危険に身を晒しても得られるものは殆どありません。 浮気調査を安全に行い、確実に証拠を手に入れるためにも、まずは探偵事務所の相談してみましょう。