浮気調査を相談しようと思っても、まだいいだろうと思ってしまうことも多いでしょう。   ただ、うかうかしているとかなり危ない場面になるかもしれません。 タイミングを逃してしまうと、浮気調査を失敗するかも。   では、浮気調査の相談はいったいいつすべきなのでしょうか?   ■浮気が疑わしいと思ったら相談するのがベスト   浮気調査の相談は決して早すぎるということはありません。   というのも、あなたの夫や妻が浮気をしていると感じた時には、たいてい物事は進んでしまった後だからです。   〇浮気に気が付いたらすでに別の異性の影が   これから浮気調査の相談を行おうと思っている人は、すでにパートナーの浮気について疑わしい部分が幾つか出ているはずです。   しかし、この場合はすでにパートナーは異性が存在し、関係が進展している可能性が高いです。 浮気調査を依頼するとなると、やはり浮気をしていないと結果はでてきません。 ですが、関係があまりにも進展している場合、浮気調査をしたとしても、離婚を免れることはできないかもしれません。     〇浮気が本気になっていくパターンが多い   浮気とはあくまで浮ついた心を表す言葉ですが、こと浮気が本気になることは多々あります。   特に夫婦関係が悪化している場合、別の異性に心奪われる可能性は高くなり、関係が進めば離婚を考えるようにもなるでしょう。   こうなると、浮気の証拠をとったとしても、離婚を避けることはできないかもしれません。 浮気がわかった時点で離婚を意識する人はそう多くありません。 誰もが一度は関係を修復しようと考えるもの。とくにお子さんがいる場合はその確率が高いです。   ですが、そうした願いも浮気トラブルの解決を遅くした結果、浮気調査が失敗する可能性が高いです。   ■相手を油断させるために早めの調査が得   早めに浮気の相談をすることで、浮気調査の成功率も高くなります。   浮気をしている人間が警戒心を高くするのは、貴方の疑いの度合いによって変わります。   もしあなたが疑いを強め、何度か浮気について問い詰めた後では警戒心が高くなってしまい、浮気調査の成功率は下がります。     〇探偵社と協議をするための時間を稼げる   浮気調査を成功させるためには、探偵事務所との十分な協議時間も必要です。   探偵事務所によっては当日調査を行っている事務所もありますが、やはり十分に協議を行っていない浮気調査では調査計画をうまく立てることができず、浮気調査を成功させることが難しくなります。   一方、十分に時間をもって浮気調査を依頼した場合は、探偵事務所とも十分に協議の時間が保てますし、調査のための計画を練る時間もあります。     ■調査の予定が入れられない場合も   ギリギリになって浮気調査の依頼をした場合、その日は運悪く浮気調査の予定が入れられないかもしれません。   浮気調査を行う探偵事務所は人員が無限にあるわけではありません。   会社にいる調査員にも限りがありますし、浮気調査を別の探偵事務所と協力して行うような場合でも、やはり人員には限度があります。   特にクリスマス、バンレタインデイなど、カップルの記念日となる日には浮気調査が集中します。 この日に予約を入れるためにも、はやめに浮気調査を依頼することが大切になります。     ■探偵事務所には早めの相談を     浮気調査を成功させるためにも探偵事務所にはできる限り早めの浮気調査の相談をしたほうが良いでしょう。   また、相談といっても別に難しい話はありません。 ただ気軽に「パートナーが浮気をしているかもしれない」といって話を聞いてもらうだけ。 調査に必要な質問事項は探偵事務所側で準備しています。     また、様々な探偵事務所を検討したい場合もあるでしょうから、見積もりをもらう時間も必要です。   相談に早すぎるということはないので、浮気をしていると思ったらすぐに相談してみましょう。