浮気調査を行いたいという人の中には、費用の問題から自分で調査をするしかない人もいます。   探偵事務所でも、その点は費用面の相談は十分に行えるのですが、それでもやはり無料でとはいきません。   その場合、自分で尾行を行おうと思う人もいますが、そうではなく別の人に尾行を頼む人がいます。   ですが、それはまったくおすすめできません。 自分で尾行をするよりはマシかもしれません。ですが、その分余分なトラブルが増えてしまい、関係者全員が不幸になることもありえます。   ■浮気調査を知人にまかせるのはとても危険   浮気調査を知人に頼むという人は結構いるものです。   しかし、知人に浮気調査を行った場合、その大半は失敗に終わります。   それで済むなら良いですが、浮気調査を知人にまかせたせいで大きなトラブルに発展することもあります。   ■浮気調査はいとも簡単に失敗する   知人に浮気調査を依頼した場合、その浮気調査はかなりの確率で失敗に終わります。   というのも、実際にこの目でそうした案件を見た経験があること。 さらには、尾行には特殊な知識や技術が必要になるからです。   〇尾行経験のない人に浮気調査は難しすぎる   尾行経験がない人間がいきなり尾行をはじめるのはとても難しいことです。   テレビやドラマでは案外簡単に尾行を行っている姿を見ますし、その様子に憧れを抱く人もいます。   ですが、残念ながら尾行は誰でも簡単にいくことはありません。 というよりも、未経験者が尾行を成功させるのはほぼ不可能に近いです。   尾行というのは、予測不可能な相手を追いつつも、自分の存在をひた隠しにしなければいけません。   つまり、同時に2つの作業を並行して行うことになるのですが、これが最初からうまくできる人は皆無です。   最もやりがちなのが、尾行に夢中になるがあまり、ターゲットとの距離を詰めすぎて尾行が発覚してしまうパターンです。   おそらく、未経験の人が尾行をやる場合、まずここで尾行が失敗します。 調査の発覚は、相手を見失うよりも大きなミスです。   次に多いのが、相手にバレないようにするがあまり、ターゲットを見失ってしまうミスです。   これであればまだ安心ですし、トラブルにも巻き込まれることはありません。 できれば相手を見失うだけで済んでもらいたいのですが、浮気調査を頼んだ知人の場合、この2つめのミスに行くよりも、尾行の発覚という最悪のパターンに陥る傾向が高いです。   〇頼まれた手前調査を成功させようとやっきになってしまう   浮気調査を知人に頼のんだ場合、その知人は貴方からの期待に応えようと必要以上に張り切っています。   というよりも、いきなり尾行を頼まれてやる位ですから、そもそも尾行に興味がある。もしくは余計な自信があるタイプの人でしょう。   こういうタイプの人がおかすのが、証拠を手に入れたいと思いすぎるせいで、ターゲットに近づきすぎ、調査が発覚することです。   前述のとおり、調査の発覚は決定的なミスです。 しかも、ただ調査が発覚するにとどまらず、2次的な被害もその知人の身にふりかかることになります。   〇様々な法律に抵触する恐れ   知人が浮気調査に失敗した場合、様々な法律に違反したことでとんでもないトラブルに発展する恐れがあります。   最も怖いのは、各都道府県が定めるつきまとい条例に違反することです。   つきまとい条例とは、相手に恐怖心を与えるような追跡、待ち伏せ行為を指しますが、これは探偵も例外ではありません。   しかし、探偵はそもそも調査が発覚するケースが少ないです、相手に見つかってもすぐさまその場を離れますから、この条例に抵触するケースはほぼありません。   ですが、普通の人の場合は調査が発覚した場合、相手から「尾行してるんじゃないか?」といわれると逆上してその場で言い争いになる恐れだってあります。   また、頭にきてしまった人の場合、相手に尾行がバレているとわかっていても、そのまま尾行を続けてしまうような人もいます。   〇交通違反など   尾行を進めるために交通違反をしてしまう可能性もあります。   あまりにターゲットを追うことに集中していると、信号無視を普通にやってしまう人がいます。   こんなことをしていては、浮気調査の証拠をとるために免許停止にされる恐れだってあります。   しかし、浮気調査になれていない人間は、交通ルールを守りながら尾行を続けるための手段がありません。   浮気調査を成功させるとなると、必然的にいくつかの交通ルールをおかすようになるでしょう。   ■浮気調査は探偵事務所に相談を   浮気調査を依頼するなら、探偵事務所にまずはご相談ください。   知人に浮気調査を相談したとしても、相手が浮気調査をするころにはトラブルはすぐそこにせまっています。   尾行や張り込みはプロにしか行えない調査です。 専門的な調査が必要となるため、自分自身でやるのはもちろん、知人に依頼するのもおすすめできません。