誰でも浮気調査をする目的は、浮気の証拠となります。 ただし、ただ証拠を手に入れるだけではすみません。 例えば慰謝料が取りたい場合は、貴方が考える証拠ではまるで役に立たないことも多いです。   そこで、この記事では浮気調査を行うための証拠につて詳しく解説します。   ■浮気の証拠は完璧さが求められる?   浮気の証拠を求めるなら、それに完璧さが求められます。   特に慰謝料を請求するとなると、中途半端な浮気の証拠では役に立ちません。 浮気の疑いがあるという程度はまず通用せず、浮気があったと推察できる確たる証拠が必要になってきます。   ■浮気調査の報告書は確実な証拠となる   探偵事務所が作る浮気調査の報告書は、法的な証拠能力を最大限にまで高めてあります。   元々探偵事務所が提出する浮気調査の報告書は法廷で使うために作られています。 ですから証拠能力は抜群。以下のようなポイントを押さえつつ、限りなく完璧に近い浮気の証拠を提出できます。     〇浮気相手の詳細な顔写真がある   浮気の証拠を突き付けた時、一番怖いのは「本当に浮気相手がこの人物だと言い切れるのか?」という反論です。   浮気をしていることは明らかであっても、その相手が別人だと言い逃れされてしまうような写真では、完璧な浮気の証拠とはいいきれません。   探偵事務所では浮気相手との接触を確認すれば、相手人物の人相がわかる写真を必ず撮影します。   もし夜間で撮影が難しい場合は、相手の住所を特定し、日を置いて日中に顔写真だけを撮影することもあります。   それだけ浮気相手の顔写真は重要な証拠になるということ。 探偵事務所はそれを知っているからこそ、顔写真は必ず撮影してきます。   〇不貞行為があったと推測できる時間   浮気相手の部屋に出入りしていたことや、食事をしていたことを知っていても、だからといって不貞行為があったと証明できるものではありません。   そのせいで、LINEの文章から浮気を疑っても、不貞行為は無かったと反論され続ければ、結果的に浮気を証明できずに終わる人が多いのです。   一方、探偵はラブホテルへの出入りや、浮気相手の自宅へ出入りする瞬間をその目で確認したあと、その場所に何時間滞在したのかもきっちり調べあげます。   不貞行為を証明するうえで、滞在時間はとても重要な証拠になります。 例えば、部屋に入って30分以内に出てくれば、そこで不貞行為があったかは判断がつきません。   ですが、最低でも2時間以上の滞在があれば、過去の判例において不貞行為があったと認められる傾向にあります。   さらに室内の電気が消えているかどうかなど、細かい証拠を重ね合わせ、不貞行為があったことを証明していきます。   〇不貞行為の回数   不貞行為が一度きりである場合、好意に基づき性交渉に及んだのかわからないため、場合によっては慰謝料が請求できないことがあります。   しかし、探偵事務所に浮気調査を依頼し、複数回以上不貞行為があったことが認められるなら、それは完璧に近い不貞行為の証拠となるでしょう。   性交渉の回数については過去の判例からも判断がとても難しい領域です。   専門家である弁護士でも意見が割れているほどで、一度きりであっても不貞行為が成り立つ場合もありますが、最低でも2回以上あることが好意の証明に繋がるのは間違いありません。   ただ、それを証明するにはLINEの文章だけでは不十分な場合が多いです。 最近ではLINEのトーク履歴を消して浮気の証拠をもみ消そうとする人が大半。貴方に浮気がバレたと気が付けば、性交渉をにおわすトークは間違いなく消されます。   その場合であっても、探偵ならば映像証拠として不貞行為の証拠を手に入れ、さらに回数についてもきっちりと調べることができます。     ■完璧な証拠が欲しければ探偵に相談を   浮気の完璧な証拠があれば、その後のトラブル解決は貴方に確実に有利に進むでしょう。   今、手元に中途半端な証拠しかなく、その後が不安ならぜひ探偵事務所のご相談ください。