浮気調査を依頼された人の中には、浮気調査がバレないのか気になる人も多いでしょう。 ということで、今回は浮気調査がバレないのかについてお話します。     ■探偵事務所の浮気調査は大抵バレない   結論から言えば、探偵事務所の浮気調査は大抵バレません。   もともと浮気調査を専門にやっているような職業ですし、当然調査の発覚率は低いです。   それに、浮気調査は発覚さえしなければ、いかに難しい調査であろうと粘り勝ちできるような分野。 無理をせず、とにかく発覚を防ぐことを最優先に調査をすすめる探偵事務所が大半を占めています。     〇探偵は浮気調査のプロである   浮気調査のプロである探偵は、常日頃から浮気調査に関するさまざまな技術を磨いています。   それは仕事の中だけでなく、常日頃からの訓練や勉強を含めてのこと。 むしろ、探偵の生活は浮気調査を中心にまわっていると言っても過言ではありません。     それだけ浮気調査に特化した人間が多数いるのですから、探偵事務所の浮気調査の成功率は格段に高い。 同じく浮気調査を行う様々な職業に比べても、その成功率は探偵事務所が圧倒的に上回っています。     〇発覚だけは何が何でも防ぐ姿勢   浮気調査において調査がバレてしまうの最大のミス。   一方で、もしバレることさえ防げるなら、ターゲットを見失ったとしても再度チャレンジできるという利点があります。 つまり、無理をしてターゲットを追いかけるよりも、ターゲットを見失ってしまったほうが安全なのです。   という理由により、浮気調査では発覚を防ぐためにあえてターゲットを見失うこともあります。   〇複数人で調査にあたるから発覚率が低い   ターゲットに調査バレないのは、探偵が決して一人で調査にあたらないからでもあります。 複数人で調査を行い、尾行する人間をローテンションしなければ、警戒心が高いターゲットにはあっという間にバレてしまいます。   その反面、警戒心が少なく、短期間の尾行であれば1人でも十分対応可能です。   ■ごく僅かながら浮気調査がバレるケースも存在する   浮気調査がバレル率が少ない探偵事務所といえど、非常に稀ながら調査が発覚するシーンがあります。   ただし、それはかなり特殊なケースであり、一般的な浮気調査ではまず起こりえない出来事。   探偵側にしても、もはや回避不可能な状況に追い込まれている厳しい状況でもあります。   〇ターゲットがすでに調査を先読みしていた   浮気調査が発覚する確率が最も高いのが、ターゲットがすでに調査を先読みしていた場合です。   実は浮気調査では、依頼者とターゲットが夫婦であることから、依頼の事実がターゲットである依頼者の配偶者に知られてしまうケースが存在するのです。   さすがにこればかりは探偵側も防ぎようがありません。   調査をはじめてからしばらくして、ターゲットが異常な警戒行動で出ているような場合にはすぐさま調査は中止できますが、そうでは無い場合、最悪尾行者を特定しようと探偵を罠にはめようとするターゲットの姿を見ることになります。   〇ターゲットが異常な警戒心を示しているケース   その他にもターゲットに調査がバレてしまう場合がありますが、いずれにも共通して言えるのは、ターゲットが異常な警戒心を示している場合です。   浮気調査では、探偵側のアクションで調査がバレるということはまずありません。   もともとターゲットの後方を複数の人間でローテーションしながら尾行するので、警戒心が低い場合にはバレることはまずないのです。   しかし、やけに後方を確認する素振りを多数みせたり、尾行者を見つけ出そうとする人間に対しては、探偵側の些細なミスで調査がバレルことがあります。   ターゲットが警戒心を抱く理由は様々ですが、調査が終了しても結局わからずじまいのことも。   ただ、調査がバレるケースではその大半がターゲットが高い警戒心を持っていることだけは共通しています。     ■バレないためには探偵事務所と密な相談を   浮気調査をバレないためには、探偵事務所選びよりも、選んだ探偵事務所と親密な打ち合わせをすることが大切です。   特に、すでにターゲットが浮気調査に気が付いていないか? 過去に浮気調査を行って失敗した経緯がないかは、調査の成功率に最も重要な部分です。   ターゲットの警戒心が低いと感じても油断してはいけません。 もしかしたら、ターゲットは貴方に対する警戒心をうまく隠し、探偵からの調査をやり過ごそうとしているかも。   もし気になることがあればすぐに探偵事務所に相談し、どんな対策を取るべきなのか良く話し合ってください。