浮気相手との密会で、車は良く使われます。   私が探偵になって最も驚いたのは、車で密会する浮気カップルというのが驚くほど多い事実です。   浮気調査をしていると、浮気相手を自分の車に乗せたかと思えば、そのままラブホテルに行くわけでもなく、そのまま駐車場で不貞行為に及ぶ。そんな浮気カップルを今まで相当な数を見てきました。   それまで、車デートをするカップルというと若いカップルが大半だと思っていたのですが、実際には妻も夫もいる既婚者が多いことに驚いたのです。   それにしても、一体なぜ浮気カップルはここまで車デートを好むのか?   その理由について、まずは詳しく解説したいと思います。   ■車で浮気をする理由   車をつかって浮気をする人間が多いのですが、それには主に次の理由が考えられます。   〇ラブホテルに入っている時間がないから   浮気カップルが車デートを好む理由は、ラブホテルに入っている理由が無い人間がとても多いからです。   私が調査を担当した浮気カップルが車内で不貞行為に及ぶ場合、大抵が退勤後すぐというパターンが多いです。   仕事をして家庭を持つ人間はスケジュールに穴が殆どありません。その最中に浮気相手と会うとなると、作れる時間はせいぜい2時間から3時間程度でしょう。   近くにラブホテルが無い場合、わずか2時間程度では不貞行為に及ぶことができません。そのため、車を使って手軽に素早く不貞行為に及ぶカップルが多いのです。     〇圧倒的に人目を気にしているため   浮気カップルは常に一目を気にしています。   警戒心が高い人間は、ラブホテルに出入りする姿すら見られたくないという人も多いものですし、特に地元の場合は顔見知りも多いのでその傾向が強いです。   警戒心が極端に高い人間は、顔見知りに会う可能性があるラブホテルよりも、一切一目に付く可能性のない山中や人気の無い駐車場などを好みます。   また、さらに警戒心が高い人間となると、車がまったく通らない田畑や林の中の道際に車を止めたりします。   このほうが顔見知りに見られる可能性が極端に低く、浮気現場を見られる可能性は下がります。   〇お金を使わずに済むから   ラブホテルやシティホテルを密会場所に使用していると、それだけでかなりのお金が必要になります。   浮気はお金が掛かるものです。   飲食代や宿泊費、浮気相手へのプレゼント代金は決してばかにはできません。   そのため、少しでも浮気費用を節約しようと車を使って浮気デートをする人も珍しくありません。   特に子持ちの若い既婚者は金銭的にも裕福ではないため、浮気デートのために出すお金を節約するため車をラブホテルの代用品にしていることも多いのです。   〇大きな車を持っているほうがデートに使う   車をホテルとして使用する場合は、当然ワンボックスカーのような大きな車が好まれます。   車で不貞行為を行うというと、大半が男性の車に女性が乗り込む様子を想像されるでしょうが、実際はそうでもありません。女性がファミリーカーでやってきて、独身男性と合流するということも珍しくないのです。   家庭を持つ人のならおわかりでしょうが、家に奥さんと夫のための車が2台ある場合、大型のワンボックスカーは奥さんが、小型で燃費の良いクルマは旦那さんが通勤用として使用していますよね?   そのため、あなたの奥さんが浮気をする場合、貴方の持っているワンボックスカーを使って浮気相手と不貞行為に及んでいるケースも十分にありえるのです。   ■車の浮気を見抜く調査方法   浮気カップルは車でよく密会していますが、それなら貴方の夫や妻も当然車で浮気をしている可能性もあります。   もしそうだったとしたら、考えると気分は良いものではありませんよね。   普段から自分や子供が乗る車で浮気相手といやらしいことをしているなんて、夫や妻と一緒に車ごと買い替えたい気分かもしれませんね。   しかし、その車は浮気の証拠の宝庫です。   実際に浮気があったのかどうか車内を調べてみれば、浮気の事実が明らかになるはず。車の浮気調査方法について詳しく解説します。   〇まずはゴミ箱をチェック     車内を調べるなら、まずはゴミ箱を調べてみましょう。   ゴミ箱の中には多数の浮気の証拠が眠っています。   【ゴミ箱の中から見つかる証拠例】   ・口紅などのついたティシュやペットボトル   ・本人が普段たべないお菓子   ・性交渉に使われたティッシュ   ・使用済みの避妊具   これらが発見されれば、浮気がったことは確実でしょう。   使用済みの避妊具などが見つかれば、不貞行為の証拠としては決定的です。   後にDNA鑑定などで不貞行為を立証することも可能ですので、ジップロックで慎重に保存しておきましょう。   〇車内の下側   車のシートの下や座席の下側には浮気相手が残した落とし物などが良くあります。   昔から車の中に残されていると言われているのは、イヤリングなどの装飾品です。   他にも異性のものと思われる髪の毛が座席にくっついていることもあるので、ガムテープを使って慎重に座席の隙間や下側を探ってみましょう。   〇カーナビの履歴を検索   車で浮気相手とデートをしているとしたら、カーナビの履歴にその痕跡が残されているかもしれません。   ただし、用心深い人間は浮気相手とのデートの履歴を全て消していることがあります。   履歴が消されていれば証拠は手に入れられませんが、不自然な履歴の消したかから浮気があったことが推測することができます。   ■車の中の浮気は調査しにくい?   車を使って浮気をするのは通常は難しいですね。   その理由は、不貞行為の証拠を取るのがラブホテルよりも難しいからです。   車をホテルの代わりにして浮気をしているカップルを追っていると、探偵なら誰でもそう感じます。調査もより慎重さが求められ、使う機材も選びます。   異性と一緒に乗っていたからといって性交渉があったとは言えない 例え浮気相手と一緒に車に乗っていたからといって、その行為は直接性交渉があったことを示す証拠にはなりません。   例えば、ラブホテルに異性と入っていけば当然そこに性交渉があったことは推測しやすいですよね?   ですが、車に一緒に乗っていたから性交渉があったというのは少し無理があります。   ラブホテルは性交渉の場を提供する施設ですが、車はあくまで移動手段の一つです。   車の中に滞在していたからといって、即座に不貞行為を疑うことはできません。裁判になるとより具体的な証拠が必要になりますし、車に乗っていたから不貞行為があったという証明には至りません。   ■不貞行為があったことを証明する別の浮気証拠が必要   車の中で浮気をしていることを証明するためには、不貞行為に及んでいたことを証明する別の証拠が必要となります。   〇周囲の環境   車の中で浮気に及んでいた(性交渉)こと証明するためには、車の周囲の環境を記録することが大切です。   問題となるのは、異性と二人で乗っていた車が停車されていた場所が、浮気をするのに適していたかです。   浮気をする上で適している環境は、まわりに人気がなく、薄暗く、バレにくい環境です。   人気のない駐車場に停車していたり、山中の路肩に停車している様子が撮影できれば浮気があったこを証明しやすくなります。   〇滞在時間   車の中にふたりきりで何時間居たのかも浮気を証明する上で大切な要素となります。   性交渉があったことを証明するなら、ラブホテルでも最低1時間半~2時間は必要だと言われています。   車も同じく、1時間半~2時間の滞在時間は必要になります。   あまりに短すぎる滞在時間の場合は、そのほかの証拠で浮気があったことを補強しなくてはなりません。   〇漏れ聞こえる音声   車の中で浮気をしていたことを証明する上で、音声は欠かせない要素となっています。   ラブホテルとは違い、音が漏れ聞こえやすい車での性交渉は外までその音が聞こえることもあります。   その音声を録音することができれば、浮気をしていたことを決定つける強力な証拠となります。     ■探偵事務所に相談を   車の中で行われる浮気を知るためには、車両を尾行し、実際に車の中で二人が不貞行為に及んでいると推測できる状況かどうか確認する必要があります。   このような調査ができるのは探偵事務所だけ。   気になる方は無料相談から、調査のプランなどについて気軽に聞いてみましょう。