浮気をされたら、誰だって浮気をした相手に慰謝料請求をしたいですよね?   しかし、いくら浮気をされていても、その中には慰謝料を請求できない事態も良くあるのです。   そこで、浮気をされても慰謝料が請求できないケースについてまとめてみました。   ■浮気をされても慰謝料を請求できないことはよくある   浮気が発覚し、それに激怒した貴方が弁護士を通じ、慰謝料を請求しても、結局慰謝料請求が通用しない事態はよくあることです。   慰謝料請求ができるケースは、基本的に「特定の異性と行為に基づく性交渉が複数回会ったこと」が重要となります。   つまり、この定義に外れるような浮気であれば、慰謝料は請求されない可能性が高いのです。   ただし、浮気の慰謝料に関する問題は法律で明確に定義されているわけではありません。 基本的には過去の判例に基づき、それに沿って現在の定義が作られていますから、例外的な判断が下されることもあります。   ■事実上の婚姻関係が壊れた後の浮気   浮気における慰謝料請求では、婚姻関係が浮気により破綻したことに対する請求という意味合いが強いのです。   そのため、浮気をしている時には、すでに婚姻関係が破綻している場合、慰謝料請求ができないか、相当の減額請求となるケースが目立ちます。   特に目立つのは、すでに別居状態に突入している間に浮気をしても、慰謝料請求が不可能となる場合です。   ただし、この場合は本当に別居後に浮気がはじまったのか?それとも別居前から関係があったのかで結果は大きく異なります。   ②慰謝料請求のやり方が違法な場合 横暴な慰謝料の請求は『権利の乱用』として否定されるケースがあります。例えば脅迫や暴力を伴っていたり、不当な手段で集めた不倫の証拠、あるいは証拠の捏造などがあります。なお、そのような行為は刑事事件になる可能性もあります。   ■金銭が絡む浮気   浮気相手に対して金銭を支払い浮気関係になっていた場合も慰謝料が請求できない可能性があります。   金銭が発生した場合、そこに好意があれど、恋愛関係とは認められず、不貞行為の定義にそぐわないとして請求が却下されてしまうのです。   例えば、スナックのママと浮気関係になっていたとしても、お店に客として出入りし、なおかつお店に出資しているような間柄だった場合、金銭のやり取りが明らかに存在することから、好意に基づくものとは判断しきれず、慰謝料請求が通らないことがあるのです。   他にも個人売春や性風俗サービスなど、お金を支払って性交渉を行うような場合も慰謝料請求が行えません。   ■不貞行為が一回きりだった場合   もしもその不貞行為が一度きりだった場合、慰謝料請求は行えないか、大幅な減額となるでしょう。   不貞行為とは好意に基づく配偶者以外の異性との性交渉があたります。   しかし、その行為が一度きりだった場合、客観的に見てもそこに好意があったか判断がつきません。   例えば、お酒の勢いで性交渉に及んだ場合、相手に好意があったかはわかりませんし、夫婦関係が破綻することも少ないのが現状。   よって、一度きりの浮気で慰謝料を請求するのは難しく、できたとしても少額の慰謝料となりやすいのです。   ⑥結婚していることを隠している場合   浮気をしている男性に多くみられるのですが、自分が既婚者だとは知らせずに複数の女性と交際していることがあります。   かなり卑劣な手ですが、実はこれが慰謝料請求を防ぐ結果も生んでいる驚くような安全策なのです。   不貞行為に対する慰謝料請求は、浮気によって精神的損害を与え、夫婦関係を破綻させたことに対する代償です。   ですが、相手が既婚者と知らずに関係を持っていたら、浮気相手に故意はなく、単純に騙されていた被害者の一人ということになります。   よって、その責任は浮気相手は取る必要はありませんし、慰謝料請求は行えません。 ですから、このケースで慰謝料を請求できるのは、自分のパートナーだけ。   離婚をすればそれもできますが、もし結婚生活を続けるなら慰謝料請求はできないという苦しい状況になります。   ■性交渉があったことを証明できない場合   性交渉があったかどうか? これは、慰謝料請求に関するトラブルの中心となっている問題です。   もし浮気があったとあなたが言い張っても、相手が性交渉が無かったと言えば、その証明はすべて慰謝料を請求する側が行わなくてはなりません。   そして、証拠が無ければ無罪放免。 この原則は慰謝料請求の場面も同じということです。   性交渉の証明はとても難しいものです。 証拠となる物証はほぼ皆無に乏しく、その気になればいくらでも証拠は隠蔽できます。   ■探偵事務所に依頼すれば慰謝料を手に入れやすくなる   浮気相手とン関係性や性交渉の証明、不貞行為の回数などを調べるには探偵事務所に相談するのが良いでしょう。   慰謝料請求を確実なものに変えるには、どうしても「証拠」が必要になります。 プロが調べあげ、裁判のために作り上げた浮気調査の報告書を手に入れたなら、今まで不可能だったはずの慰謝料請求も可能になるかもしれません。