探偵事務所では常に依頼者を受け入れています。 しかし、かといって全ての依頼者を受け入れているわけではありません。 浮気調査を相談される人の中には、実際には調査が必要じゃない人もいる。 というわけで、今回は探偵事務所に依頼する必要がない人についてご紹介します。   ■すでに手堅い証拠をつかんでいる   不貞行為における手堅い証拠をすでに掴んでいるなら、浮気調査の必要性は低いでしょう。   証拠があっても浮気調査を依頼したいという人は別ですが、すでに証拠があるなら費用を支払っても調査をする必要はありません。   〇本人が浮気を自白し証拠もある   本人が浮気について白状しており、その証拠となる文章や写真があるとなれば、浮気調査の依頼は必要ないでしょう。   浮気トラブルにおいて自白はやはり最高の証拠となりますし、さらに裏付ける証拠まであれば、探偵事務所から送られる浮気調査の報告書と同等の価値があるかもしれません。   もし、自白だけがあってその他の証拠が無い場合。もしくは別の証拠が不十分だとしたら、探偵事務所に依頼する価値が十分にあるでしょう。   ■過去の浮気調査を依頼しようとする場合   過去の浮気調査を依頼される方もいますが、それも浮気調査の意味があるかは判断が難しいところです。   確かに、自分の夫や妻が昔浮気をしていたとしたら、その相手や詳細についても知りたいと思うでしょう。   しかし、過去の浮気調査は探偵が調査をしても成果が出にくいですし、浮気調査の結果を手に入れたとしても、具体的に生かせる場面が少ないです。   〇過去の浮気を調べることは難しい   探偵事務所が行う浮気調査とは、尾行、張り込みをメインとしたものです。 ですから、現在進行形で行われている浮気を調査するぶんにはことたりますが、これが過去のものとなるとあまり効果がありません。   まず、すでに関係を断っている以上、浮気相手と接触することはまずありません。 あとは聞き込みなどで調査をすすめるか、端末内の情報を調べるしかありませんが、その結果証拠が出てくることは少ないでしょう。   また、例え証拠が出てきたとしても断片的なもので、不貞行為を立証できるかは難しいです。   ■自分が浮気調査を依頼できるかは探偵事務所に相談を     探偵事務所に依頼しても無駄かどうか、判断はかなり難しいところです。 ですので、一度無料相談を使い、探偵事務所に相談してみましょう。   探偵事務所への相談は実際に依頼に繋がらなくても有効です。 ほんとうに自分に調査の必要があるかどうか、実際に相談してから決めても遅くはないでしょう。